パソコンの代替機を作成 Ubuntuのパソコンにwordmoveをインストール

代替機でもwordpressの編集が行えるように、wordmoveをインストールすることにしました。

行ったことは、以下の通りです。

  1. Vagrantをインストール
  2. vccwをインストール
  3. Vagrantの起動
  4. wordmoveの実行
  5. wordmoveの結果がうまく反映されないとき

Vagrantをインストール

VirtualBoxのインストールは、Windows10の仮想マシンを作成するために既に行っているため、Vagrantのインストールから実施します。

Vagrantのホームページ https://www.vagrantup.com/downloads.html からインストールします。operating systemは、一番上の「Debian」を選択しました。

次にubuntuの「端末」を「Alt+Ctrl+T」で起動して、

vagrant plugin install vagrant-hostsupdater

と入力し、「vagrant-hostsupdater」をインストールします。

vccwをインストール

vccwをインストールするために、まずubuntuの「端末」で

sudo apt-get install git

と入力して「git」をインストールします。

次に、作業用のフォルダ「/home/(ユーザ名)/project」を作成します。

そのフォルダに移動し、

git clone https://github.com/vccw-team/vccw.git

と入力します。

Vagrantの起動

作業用のフォルダ「/home/(ユーザ名)/project」内に、「vccw」というフォルダが作成されます。

フォルダ「/home/(ユーザ名)/project/vccw」内の「provion」フォルダにある「default.yml」ファイルを「/home/(ユーザ名)/project/vccw」フォルダにコピーして、名前を「site.yml」に変更します。

「site.yml」の内容を編集します。

hostname: vccw.test → hostname: ubuntu.test  等

lang: en_US → lang: ja

db_prefix: wp_ → db_prefix: (本番のprefix)

これで、ubuntuの「端末」で、フォルダ「/home/(ユーザ名)/project/vccw」にいる状態で、

vagrant up

と入力すれば、仮想マシンが起動します。

ブラウザで「http://ubuntu.test/」にアクセスして確認します。

wordmoveの実行

作業用のフォルダ「/home/(ユーザ名)/project/vccw」にある「Movefile.yml」の内容を編集します。

今回は、既に他で使用していた「Movefile.yml」をコピーして、vhost:の部分だけを修正しました。

local:
vhost: “http://ubuntu.test”

本番のサーバにssh接続するための秘密鍵・公開鍵を作成し本番サーバの authorized_keysファイルに追加記入します。

この記事を参照 → 公開鍵・秘密鍵の作成方法(さくらのレンタルサーバの場合)

ubuntuの「端末」で、

vagrant ssh

cd /vagrant

wordmove pull –all

と入力すれば、本番サーバの内容が「http://ubuntu.test」に作成されます。

wordmoveの結果がうまく反映されないとき

理由はわかりませんが、wordmoveが正常に完了したように見えても「http://ubuntu.test」に本番サーバの内容が反映されず、初期状態のままで変わっていない場合があります。

その際には、作業用のフォルダ「/home/(ユーザ名)/project/vccw」内の「wordpress」フォルダの内容をすべて削除して、再度

wordmove pull –all

を実行すると、本番サーバの内容が反映されます。

タイトルとURLをコピーしました