入力の効率化

会計ソフトのCSV入力

会計ソフトのCSV入力の機能を使って、入力作業にかかる時間を短縮する方法をご提案します。

会計ソフトのデータ入力作業は、会計データの入力画面から入力を行っている限りなかなか効率化できません。

データの複製機能を使用したとしても、資料を見ながら1件1件手作業で入力しているとどうしても時間がかかってしまいます。

会計ソフトには、「CSV入力」の機能が備わっており、それを使用すれば入力作業自体は文字通り一瞬で終わります。

CSV入力を行うためには、前もってCSV形式の入力用データを作成する必要があります。

CSV形式の入力用データは、表計算ソフトのExcelを使用して作成することができます。

入力されたデータが全く無いのであれば一度はExcelで入力を行う必要がありますが、何らかのデータがあれば、それをExcelで読み込みます。

Excelで入力、またはデータの読み込みをした後、Excelのマクロの機能を利用してCSV形式の入力用データを作成できます。後はそれを会計ソフトに取り込むだけです。

まとめて多くのデータ入力をしなければならない場合にとても役立ちます。

利用例

以下のような場面でCSV入力を利用しています。

  • 1ヶ月分の売上データをレジのシステムから取り出して、日別に消費税の標準税率・軽減税率ごとに売上データを集計し、さらに現金での受取分・クレジットカードでの支払分などに区分し、会計ソフトに取り込み。
  • クレジットカードの利用明細を会計ソフトに取り込み。
  • 社員別の給与明細をExcelで入力し、それを集計して会計ソフトに取り込み。
  • 相手先別の売上の金額(売掛金)、仕入の金額(買掛金)を一覧表で作成し、会計ソフトに取り込み。

業務内容

どのようなデータまたは資料から会計ソフトへの入力を行いたいのかを教えていただき、入力用データの作成方法を考えます。

作成した入力用データを会計ソフトに取り込みできることを確認していただきます。

入力用データの作成方法を手順書にしてお渡しします。

対応する会計ソフト

利用できる会計ソフトの種類ですが、「弥生会計」または「JDLIBEX出納帳」です。

それ以外の会計ソフトの場合は別途相談させていただきます。

料金

1件あたり50,000円(税抜)

訪問が必要な場合は、交通費(ガソリン代又は電車賃の実費)

タイトルとURLをコピーしました