支払額から報酬額や源泉徴収税額を計算するExcelのゴールシーク

所得税を源泉徴収して報酬を支払う場合で、支払額を10,000円とか20,000円などのきりの良い金額にした場合に、もともとの報酬額がいくらで源泉徴収税額がいくらだったのかを計算する必要があります。

Excelの「ゴールシーク」を使用すると、計算することができます。

サンプルファイル → 報酬の源泉徴収税額

Excelの「データ」メニューの「What-If分析」~「ゴールシーク」を選択すると、ゴールシークのダイアログボックスが表示されるので、サンプルファイルの場合であれば、

  • 数式入力セル F3(支払額の計算式が入力されているセル)
  • 目標値 70,000(支払額を指定する)
  • 変化させるセル B3

と指定して「OK」をクリックすると、報酬として70,000円を支払った場合の、もともとの報酬の額(税抜)、 消費税額、合計額、源泉徴収税額が計算されます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました