消費税

消費税

消費税の複数税率におけるレシートの価格の表示方法とデータ入力(2)

税率ごとに区分した記載方法が店舗によってまちまち 消費税の軽減税率が導入されて約2週間が過ぎ、自分の買い物の範囲内でレシートの表示方法を確認してみると、支払金額を税率ごとに区分して記載する際の記載方法が店舗によって思いのほかまちまちである...
消費税

消費税の複数税率におけるレシートの価格の表示方法とデータ入力

レシートの表示方法 国税庁の 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編) の 問108・109を読むとわかる通り、1枚のレシートに標準税率(10%)のものと軽減税率(8%)のものが混在している場合 税率ごとに合計した税込価格...
消費税

消費税 軽減税率への対応 その他

事業者の消費税の軽減税率への対応としては、その他に「キャッシュレス消費者還元事業」に決済事業者経由で加盟店登録をしておくことが必要です。 クレジットカードでの支払いやQR決済を導入している場合には、加盟店登録をしておかないとクレジットカー...
消費税

消費税 軽減税率への対応 請求書・領収書

消費税の軽減税率については国税庁のホームページに各種案内文書が掲載されています。 → 軽減税率制度とは(リーフレット等) Q&Aはこちらにあります。 → Q&A 軽減税率への対応は、請求書・領収書を発行する立場と受領...
消費税

消費税の軽減税率 売上及び仕入の両方を区分経理することが困難な場合

中小事業者が課税売上げ(税込み)及び課税仕入れ等(税込み)のいずれも税率の異なるごとに区分して合計することにつき困難な事情がある場合は、売上税額の計算の特例と仕入税額の計算の特例を併用することができます。併用できる計算の特例は、卸売業又は小...
消費税

消費税の軽減税率 仕入税額の計算の特例

仕入税額の計算の特例 課税仕入れ等(税込み)を税率の異なるごとに区分して合計することにつき困難な事情がある中小事業者は、次の方法により仕入税額を計算する特例が認められています。 ① 小売等軽減売上割合の特例 課税売上げ(税込み)を税率...
消費税

消費税の軽減税率 売上税額の計算の特例

国内において行った課税資産の譲渡等の税込み価額(以下「課税売上げ(税込み)」といいます。)又は課税仕入れに係る支払い対価の額等(以下「課税仕入れ等(税込み)」といいます。)を税率の異なるごとに区分して合計することにつき困難な事情がある中小事...
消費税

消費税の軽減税率 区分記載請求書等保存方式の留意点

帳簿の記載に関する留意点 イ 「課税仕入れに係る資産の内容」の記載 帳簿への「課税仕入れに係る資産の内容」の記載は、請求書等に記載されている取引内容をそのまま記載することまで求めているものではありません。商品の一般的総称でまとめて記載す...
消費税

消費税の軽減税率 区分記載請求書等保存方式

仕入税額控除制度については、現行、請求書等保存方式となっていますが、軽減税率制度の実施に伴い、平成31年10月1日から平成35年9月30日までの間は、区分記載請求書等保存方式となり、平成35年10月1日からは、適格請求書等保存方式となります...
消費税

消費税の軽減税率 外食等の具体例

軽減税率 (外食等に当たらない) 標準税率 (外食等に当たる)   セルフサービスの飲食店 屋台での飲食料品の販売 ※その屋台に飲食設備がない場合又は持ち帰りの場合 屋台での飲食料品の販売 ※そ...
タイトルとURLをコピーしました